ご寄付のお願い

 おかげさまで、大宅壮一文庫は内閣府より公益財団法人として認定され、平成24年4月1日に移行いたしました。
 つきましては、雑誌図書館としての公益目的事業を継続していくために寄付金を募集いたします。

 
「寄付者ご芳名」


 2017年に募集しましたクラウドファンディングは、大勢の皆様から応援をいただき無事達成することができました。ご助力いただいたすべての皆様にあらためて感謝を申し上げます。

https://readyfor.jp/projects/oya-bunko/announcements

寄付金の使途

 寄付金は、「公益事業費用」と「法人費用」に使わせていただきます。

 寄付金総額の50パーセントは、「公益事業費用」に使わせていただきます。

 残りの50パーセントは、「法人費用」に使わせていただきます。

※「公益事業費用」とは、大宅壮一文庫の雑誌記事索引データベース構築費はじめ雑誌図書館事業の運営費用です。
※「法人費用」とは、図書館施設の維持管理費です。

寄付のお手続きについて

  1. お電話またはお手紙、またはメールでご連絡ください。
  2. 「寄付申込書」をご郵送いたします。
  3. 「寄付金」ご入金後に「寄付金領収書」、「寄付金受領証明書」、「公益財団法人認定書(写し)」をご郵送いたします

※「寄付金領収書」、「寄付金受領証明書」は再発行できませんので、紛失しないようご注意ください。

確定税務申告での寄付金控除について

 大宅壮一文庫の「寄付金受領証明書」、「公益財団法人認定書(写し)」を添付して、確定申告して頂くと、所得税法に規定する「特定寄付金」として、「税額控除」または「所得控除」が受けられます。

所得税の減額について

 「税額控除」または「所得控除」のうち、減税効果の有利な方を選択できます。
計算式は以下の通りです。
▽税額控除=(寄付金額-2,000円)×40%=寄付金控除額
 [例]寄付金額10,000円。寄付した人の所得税率20%。
              ⇒(10,000円-2,000円)×40%=3,200円(寄付金控除額)
▽所得控除=(寄付金額-2,000円)×寄付者の所得税率=所得税の減額
 [例]寄付金額10,000円。寄付した人の所得税率20%。
              ⇒(10,000円-2,000円)×20%=1,600円(所得税の減額)
上記の通りほとんどの場合、税額控除が所得控除よりお得です。
ただ、寄付金額が大きくて、所得税率が高い場合は、所得控除の方が得になるケースもあります。
お住まいの都道府県・市区町村によっては、「住民税控除」も合わせて受けられる場合があります。

住民税について

 都道府県・市区町村が条例により指定することによって、個人住民税の税額控除が受けられます。お住まいの自治体により扱いが異なります。

ご寄付についてのお問合せ

担当 経理課寄付金係
電話 03-3306-4661(直通)
03-3303-2000(代表)
受付時間 午前9時30分~午後6時30分
(日曜・祝日を除く)
メール kifu★oya-bunko.or.jp
(★の部分を@に変えてご利用下さい)
郵便 〒156-0056 東京都世田谷区八幡山3-10-20
公益財団法人大宅壮一文庫経理課寄付金係

このページの先頭へ▲

公益財団法人 大宅壮一文庫

〒156-0056 東京都世田谷区八幡山3丁目10番20号
TEL:03-3303-2000